ドールズフロントライン同人ゲーム”THOSE WHO EXIST”導入

本日は有志の方が作成したドールズフロントラインの二次創作同人ゲーム『THOSE WHO EXIST』の導入方法について説明します。ゲーム紹介は別の記事でまとめていますので、そちらを参考にしてください。

なおTHOSE WHO EXIST(以下、本タイトル)を遊ぶためには①PCのスペックが推奨環境に達している必要があります。それから本タイトルの②ダウンロード、③圧縮ファイルの解凍の順に説明します。

■”THOSE WHO EXIST”導入法

①マシンスペックの確認

本タイトルを遊ぶために公式で推奨されているマシンスペックは以下の通り。ただ今後要求スペックが上がっていくことも考えて十分なものを用意しましょう。

Windows10(64Bit)

・CPU: Intel Core i5 8400

・Memory: 16GB

・Graphics: AMD Radeon RX570

・Storage: 約 4GB 必要

動作確認環境:THOSE WHO EXIST公式より

CPUとメモリの確認方法

CPUを確認しましょう。Windowsキーを右クリックして「ファイル名を指定して実行(R)」を選択。「名前(O)」の欄に[ dxdiag ]と入力してください。

そうすると『DirectX診断ツール』と呼ばれるものが立ち上がるはずです。

一番左のタブである「システム」の欄で見るべきところは二つ。プロセッサ(CPUのこと)とメモリです。

こちらの二つが推奨環境より高ければ特に問題なく動作するはずです。

CPUとメモリに問題ない方はグラフィックボードの確認です。

  • ☑ CPU
  • ☑ メモリ
  • □ グラフィックボード
  • □ 空き容量

グラフィックボードの確認方法

デスクトップ上で右クリックを押して「ディスプレイ設定(D)」を選択します。

下の方にある「ディスプレイの詳細設定」を選択。

アダプターのプロパティを選択。

ディスプレイアダプターの詳細が表示されるのでそこで確認します。

チップの種類と書かれているところがグラフィックボードの種類です。

  • ☑ CPU
  • ☑ メモリ
  • ☑ グラフィックボード
  • □ 空き容量

ストレージ(空き容量)の確認方法

空き容量を確認しましょう。Windowsキーを右クリックして「エクスプローラー(E)」を選択。「PC」をクリック。

本タイトルをダウンロードする場所に十分な空き容量があることを確認してください。

  • ☑ CPU
  • ☑ メモリ
  • ☑ グラフィックボード
  • ☑ 空き容量

②ゲームのダウンロード

公式の配布ページにアクセスします。

右側にあるダウンロードを選択。

ファイルを開いて指示に従います。

該当URL(Read Meに記載されているところ)へアクセスしてダウンロード開始。容量が大きいため少し時間がかかるかもしれません。ゆっくり待ちます。

ダウンロードが終わったらファイルを解凍しましょう。Windowsの初期機能ではパスワード付きの圧縮ファイルは解凍できないことがあるので注意です。

③圧縮ファイルの解凍

ダウンロードが終わったら圧縮ファイルを解凍します。『Lhaplus』や『7-Zip』など何でもよいので「パスワード付きの圧縮ファイルを解凍できる解凍ソフト」を使ってください。

ここでは仮に『7-Zip』で説明をします。圧縮ファイルを右クリックで「展開」を選択してください。

解凍に際してのパスワードの入力を求められますので、先ほど「Read Me」に書いてあったパスワードを入力します。

パスワード付きの圧縮ファイルはパスワードを入力しないと解凍できません

無事解凍が終われば「Girls’Frontline Those Who Exist」というフォルダが出てきますので、その中にあるゲームアプリ「Girls’Frontline Those Who Exist Verx.x.x」を立ち上げればゲーム開始です。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *