特定の人形の絵柄が急に変わる理由

特定の人形の絵柄が急に変わる理由

今回はネタバレ回です。あまり詳しく知りたくない方は回れ右。

ゲームをプレイしていると同じ人形なのに見た目が急に変わる場合があるかと思います。これにはさまざまな理由がありまして、今回はその理由について簡単に説明していきますね。

CASE1:AR小隊『M4A1』の場合

M4A1のもともとのイラストレーターは『海猫络合物:Pixiv/Weibo』さん。ドールズフロントラインではシステムUIも担当。プレイヤーがいつもTOP画面で見ている編成とか戦闘というアレは海猫络合物さんが作ったものです。

ドールズフロントラインの主人公と言えばこのM4A1ですが、彼女はなかなかスキンが出ないことで有名でした。またMODⅢが実装された時にもオリジナルと雰囲気が違うなど絵柄の違いが指摘されていました。

これはサンボーン立ち上げ後、海猫络合物さんが「自分にも作りたいゲームがある」という理由で退社してしまったため、サンボーンから当人にイラスト制作を依頼できなくなってしまったことが原因です。

このように、絵柄が変わってしまう多くの場合はそもそも描いている人が変更されたケースが多いです。外注はさておき社内でイラストを担当していた場合、退職を機に追加依頼が出来なくなることはままあります。

M4A1はゲームでも人気の人形。絵師交代となると相当な負担ですが、今回これを担当したのはイラストレーターのZAGALAさんです。ゲーム内では404小隊の隊長であるUMP45やUMP9を担当している方ですね。

ちなみに海猫络合物さんはサンボーンを退社後、独自に鹰角网络-Hypergryph-というチームを立ち上げました。氏は現在、アズールレーンを手掛けるYostarと共に「アークナイツ」という新しいゲームのプロデューサーとして活躍しています。

ゲーム自体はタワーディフェンスゲームなのでドールズフロントラインとはだいぶ異なりますが、漂わせてる空気感などは親和性があるのでドルフロが好きな方にはおおむね好評の様子。並行してプレイしている人も見ますね。

余談ですが、もともとAR小隊は初期の段階では現在のような5人ではなく6人となる予定でした。その『6人目』はドールズフロントラインではなくアークナイツで実装されることとなります。

一部のファンとの間ではドールズフロントラインとアークナイツでコラボを期待する声もありますが、サンボーン社(正確にはMICA-Team)とYostarは商標権がらみで過去にトラブっていますので実現は難しいかもしれません。

ちなみに関係筋では少女前線のプロデューサーである羽中氏とアークナイツのプロデューサーである海猫络合物氏はそれなりに良好な関係を保っているそうです。

CASE2:スチェッキンの場合

射速型のハンドガンとして根強い人気のスチェッキンもメインイラストレーターが変わりました。もともとのイラストレーターは鳗鱼子さんですが、先行鯖ではMODⅢを機に『春_日:pixiv/Twitter』さんに変わっています。

スチェッキンの新しいイラスト

スチェッキンは可愛いだけでなく戦闘面でも優秀です。イラストレーターともども今後の活躍が期待できますね!

CASE3:絵師が一緒なのに絵柄が違う場合も

これはちょっとレアケースなんですが、中の人は同じなのに絵柄がまったく異なるものもあります。代表的なのは音符さんことZAGALA、またの名をDOGALAさらにまたの名をinfukumさんです。あぁややこしい。

この方ちょっと変わった方でして、絵柄によってハンドルネームを変えるという特徴があります。ゲーム内での絵柄を見ていると、なるほど同一名義の場合は作風や色遣いが似ている気がします。

ZAGALA名義で描いているのはUMP45やUMP9、あとはM4A1のMODⅢです。ちなみに叛逆小隊メンバーの中でM4A1だけが大破のテイストが違うのは本人に指示が届いてなかったからだそう。それ以外のメンバーは弾幕が張られている。

また、根強い人気を誇る鉄血メンバーやコラボキャラのエルフェルトもこの方が手掛けています。こうしてみると名義によって絵柄が違うのが分かります。

エルフェルト鉄血スキン「アナイアレイター」

エルフェルトスキン『アナイアレイター』:通常立ち絵
エルフェルトスキン『アナイアレイター』:大破立ち絵

黒を基調とした落ち着いた感じに仕上がってますね。エルフェルト自体はコラボキャラですが、鉄血勢力はモノトーン調で統一することで明らかにグリフィンチームとは違うことが目でわかるようになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事は戦術人形の絵柄が変わったことが気になって仕方がない方向けの情報でした。多少ネタバレも含んでしまっていますが、この記事が少しでも皆さまの役に立てたなら幸いです。


是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *