雪夜の無礼講ノクターン(復刻)情報まとめ

ドールズフロントラインでは2020年12月25日から翌年1月15日まで、前年2019年に行われた同名のミニイベント『雪夜の無礼講ノクターン』を復刻開催しています。昨年プレイ済みの指揮官にもメリットのあるイベントです。早速見ていきましょう!

各STAGE攻略とDROP周回は別記事でまとめる予定です

イベント報酬について

本イベントでは各STAGE攻略時に手に入ることが期待されるSTAGE攻略報酬と、ステージ攻略時に手に入るトークン「もみの星飾り」で専用SHOPから希望の品と交換するトークン交換報酬があります。

STAGE攻略報酬

本イベントでは各ステージを攻略することで各資源500個などを含むSTAGEクリア報酬などがあります。また各STAGEには入手機会が少ない限定人形が一定確率でDROPするという嬉しい機能も。まだ持っていない方は入手のチャンスです!

本イベントでは以下4名の戦術人形がDROP報酬となっています。

  1. STAGE.1:星4SMG Honey Badger
  2. STAGE.2:星5AR AUG
  3. STAGE.3:星5RF M82A1
  4. STAGE.4:星5RF SRS

これらの限定人形は①DROP判定のある敵部隊をS判定で倒す②各STAGEをS判定で勝利することで抽選を行い、一定確率で入手することが出来ます。彼女たちのことをよく知らないという指揮官様のために、簡単に紹介をしていきますね!

STAGE.1報酬 Honey Badger

オススメ度:★★☆☆☆

星4SMGのHoney Badgerは火力型のSMGです。自身のステータスが高いだけでなくスキルによって大幅に戦闘力を向上させることが出来ます。回避値の低い敵が相手なら、ダメージディーラーとしての活躍も見込めるでしょう。

陣形効果が特殊で、テンキー8番に配置することで1番7番のARへ陣形バフを飛ばすことが出来ます。4番の位置に適正なハンドガンを入れてあげることでバランスの良い部隊が作れるでしょう。

STAGE.2報酬 AUG

オススメ度:★★★★★

星5ARのAUGは万能型のARです。自身の戦闘力の高さもさることながら、スキル「弔いの雨」はマシンガンに匹敵する射速で敵を掃討します。スキル発動時は範囲内の敵を幅広く選択するため、後方にいる敵相手にも有効です。

また陣形バフが全銃種に有効という特性もあります。そのためハンドガンのようにバッファーとして活躍することも。一般的なAR+SMG部隊だけに留まらず、ライフルやマシンガンなどの変則編成にも対応可能です。

STAGE.3報酬 M82A1

オススメ度:★★★★☆

星5RFのM82A1は攻撃型のRFです。自身ステータスが高いだけでなく、それを生かせる強力なスキル「デミウルゴスの啓示」を所持しているため、優秀なアタッカーとして活躍が期待できるでしょう。

スキルによる攻撃は一定間隔で攻撃するため、射速バフの恩恵を打ち消すことがあります。彼女を採用する場合は火力や会心のバフを重視するように部隊を編成するとスキルの効果を最大限に生かせるはずです。

STAGE.4報酬 SRS

オススメ度:★★★☆☆

星5RFのSRSは火力型のRFです。基礎ステータスはそれほどではありませんがスキルによって自身の火力と命中を大幅に向上させるため、スキル発動中は回避値の高い敵でも高い命中率を維持することが出来ます。

とはいえ、命中上昇はあくまで命中値を伸ばすだけです。命中率自体を大きく引き上げられるのは昼戦に限定されていますので、夜戦ではなく昼戦での運用をおすすめします。

トークン交換報酬

イベントステージを一回攻略することで10ポイント手に入る専用トークン「もみの星飾り」(1日獲得上限60ポイントまで)と消費することで、戦術人形Gr G36やOTs-44の専用スキンを含む8種の景品と交換できます。

おすすめの交換先は?

Am RFBの専用装備です。

図鑑No172.敵の後衛を狙うことが出来る数少ないアサルトライフル。戦術が広がる

RFBはスキル発動中、敵の後衛を攻撃するというARにしては特殊な能力を持った人形です。一般的にARは敵の前衛を攻撃するため、後衛を攻撃できません。後衛に強い敵がいる場合、RFBを編成するのは非常に効果的です。

RFBの専用装備は汎用装備のオプティカルサイト(会心率48%)の上位版で、会心ダメージをさらに向上させることが出来ます。オンリーワンの戦いができる彼女を生かすためにも、この装備は是非GETしておいてください。

同じスキンを二つ入手する意味はある?

あります。

過去に同じイベントで同じスキンを入手している場合、スキン被りによる報酬「ブラックカード」が手に入ります。ブラックカードは一定枚数で好きなスキンと交換することが可能です。

ブラックカードで交換できるスキンはAnimatedやLive2Dなどのレアなスキンも入っています。今回のイベントで手に入ったブラックカートで念願のスキンを手に入れられた…という方もいらっしゃいますよ。

イベントSTAGE構成について

イベントSTAGEは全4つ。難易度選択や回数制限などはありませんが、手前のステージをクリアしないと次のステージへは挑戦できません。後半のステージはわりと敵も強いのでしっかりと準備をして挑みましょう。

STAGE.1 デスター

昼戦。主なDROPはHoney Badger。

1ターンで敵をせん滅するため、作戦能力2000程度の敵を倒しきれる部隊を三つ用意する必要があります。第三戦役(Silence:沈黙)付近を攻略済みの指揮官であれば問題なくクリアできるでしょう。

STAGE.2 ミッション:アリえない

昼戦。主なDROPはAUG。

補給線を確保しつつ司令部を防衛するため、作戦能力4000程度の敵を倒しきれる部隊を二つ用意する必要があります。第五戦役(The Kindling:火種)付近を攻略済みの指揮官であればクリア出来るはずです。

STAGE.3 X-ANT

夜戦。主なDROPはM82A1。

中央の敵レーダーを包囲する必要があるため、作戦能力10000程度の敵を倒しきれる部隊を三つ用意する必要があります。第四戦役(The Message:メッセージ)夜戦あたりを攻略できる指揮官でないと厳しいかもしれません。

STAGE.4 Ode to present

夜戦。主なDROPはSRS。

各方面に部隊を派遣しつつ鉄血BOSSも倒す必要があるため、かなりの作戦能力が要求されます。第五戦役(The Kindling:火種)夜戦を攻略できる程度の部隊を複数用意しましょう。どうしても厳しい場合は飛行場から再出撃です。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *