真核の仮面:オススメ人形は?2020年12月版(初級者向け)

大型イベント異性体お疲れさまでした。ここでは異性体攻略報酬である『真核の仮面(異性体)』の交換対象人形からおすすめの人形を紹介します。初級者向けの情報と中・上級者向けの情報に分けていますのでご注意ください。

真核の仮面関連記事は以下の通りです。

 

真核の仮面は誰に使うべき?

基本的には気に入った人形で大丈夫です。ただ真核の仮面で交換できる人形は『人形製造』で手に入る人形しかエントリーしませんので、わざわざ真核の仮面を使わなくてもデイリー製造などで手に入る場合があります。

そのため真核の仮面を使う場合は①製造確率が低いなどの理由で入手難易度が高い人形や、②そもそも製造に関するコストが高い大型人形製造でしか入手できない人形に使用するのが一般的です。順に見ていきます。

①製造確率が低い人形

このゲームには公式が正式に認めた「わざと排出しづらくしている激レア人形[I] … Continue readingがいます。こういった人形製造による入手が絶望的と言われている激レア人形に真核の仮面を使うことでストレスを抑えるというのも良いでしょう。

公式公認の激レア人形で現在確認が取れているのは全4体。ハンドガンからはコンテンダー、サブマシンガンからはP90、ライフルはIWS2000でマシンガンはネゲヴです。それぞれ見た目も性能も高い人形ですが、排出率は極めて低いです。

大型イベントの物資箱や特殊イベントのDROP報酬など…頻繁に『イベントの目玉』になる彼女たちですが、どういった人形なのかを簡単に紹介していきますね。

HG:コンテンダー(製造率0.57%以下)

星5ハンドガンの『コンテンダー』は、配備するだけで部隊全体を飛躍的に強化することが出来る強力な人形です。陣形効果もさることながらスキルの性能が高く、複数体の育成も推奨される弱点の無い人形です。

彼女が持つスキル「断罪の魔弾」は特に対BOSS戦などの強敵戦で非常に効果を発揮します。取り巻きが多く味方の攻撃がばらけがちな鉄血BOSS戦などでは、彼女のターゲットに攻撃を集中させる力に頼ることになるでしょう。

現在の大型イベントはライフルを中心とした編成が増えてきています。そのためハンドガンのコンテンダーは、火力バフを求める各ライフル部隊に配備するに足る性能を有しています。場合によっては複数体の育成も良いでしょう。

SMG:P90(製造率0.43%以下)

星5人形のサブマシンガン『P90』は、あまりに排出率が低いせいで「当たると呪われる」と言われたくらいの激レア人形で、万馬券や高配当の宝くじのような扱いを受けています。製造で出てくると不幸になるという都市伝説も。

この人形が先に実装された海外の先行サーバーでは「見た目が可愛い」という理由で多くの指揮官が資材を投じましたが、あまりにも排出されないため開発元であったサンボーンに対して猛抗議をするという事態にまで発展しました。

性能や見た目も含めて人気の高いP90。製造で出て呪われるくらいなら、いっそ真核の仮面を使うというのもアリだと思います。性格もかなり「面白い」人形ですので、未所持の方はおすすめです。

RF:IWS2000(製造率0.48%以下)

星5ライフルの『IWS2000』は、先に挙げたP90と同じく公式が認めた低排出人形です。自身の性能の高さとスキルの性能の高さから、可愛い見た目に反した高い攻撃性能を持った戦術人形です。

弱点である”射速”を補強するような部隊を編成できるのであれば、他の人形の追従を許さないほどの活躍が見込めるでしょう。戦役が進んでいくと敵の装甲値がどんどん増えていきますので、彼女の火力はきっと重宝するはずです。

ただIWS2000は昨今のイベント報酬で頻繁に出ています。何なら先の異性体イベントでは物資箱の報酬としても選出されました。それらも踏まえたうえで交換するかどうかを決めてください。

MG:ネゲヴ(製造率0.58%以下)

星5マシンガンの『ネゲヴ』は、例によって公式公認の低排出人形です。サービス開始初期から実装されているにも関わらずなかなか入手できなかったことから、彼女を所持していることが一つのステータスのような時期もありました。

彼女のスキル『マニックブラッド』はオンリーワンの強力なスキルで、リロードを挟まないと効果が出ないという弱点はあるものの長期戦では比類ない強さを発揮します。鉄血BOSSジャッジなどの固い敵に有効です。

なおネゲヴは救援イベントという期間限定の戦役BOSSからDROPする限定人形に選出されたこともあります。あれからしばらく経っているため、近いうちに再選出される機会が訪れる…かもしれません。

②製造コストが高い人形

その人形を手に入れるために必要な大体の資源コストは、ガチャ計算機で90%以上を目安にすると良いでしょう。これにより10人のうち9人までは入手できるという水準の試行回数を探ることが出来ます。

その試行回数にたいして一回の試行コスト(製造コスト)を掛け合わせると、その人形を手に入れるための必要な大体の資源コストを導くことが出来ます。

例:ショットガンS.A.T.8の場合

星5ショットガンの『S.A.T.8』の製造確率は最大で1.5%程度。該当レシピは人力8000/弾薬1000/配給8000/部品4000です。この場合、10人のうち9人が最低でも一回S.A.T.8を引くためには153回試行する必要があります。

従ってS.A.T.8を安全に入手するために必要なコストは(人力:122万4000+弾薬15万3000+配給122万4000+部品61万2000=321万1300)となります。もちろんこれ以外に製造チケットやコアも必要です。

これだけの資源消費を抑えるには真核の仮面はとても有効です。

その他のオススメショットガン

ショットガン1人に対する総資源コストがかなり高いことが分かった上で、それ以外のショットガンでおすすめする人形が以下の二名です。どちらも製造率が極めて低く、S.A.T.8以上に苦戦することが見込まれます。順に紹介します。

DP-12(資源コスト:3,927,000)

星5ショットガンの『DP-12』の製造率は1.23%。試行目安は187回。総資源コストは392万7000です。

自身のステータスの高さもさることながら、リロードするたびに最大40ポイントのダメージシールドを展開することが可能。シールド展開時は被ダメの25%をカットするため高い生存性を確保できます。

非常に母性的な見た目をしている彼女ですが、先の大型イベント『異性体』において入手できたKSVKと暮らしていたという過去があります。とある事件で離ればなれになってしまった二人。基地内で一緒にいさせてあげるのも良いかもしれませんね。

FP-6(資源コスト:5,355,000)

星5ショットガンの『FP-6』の製造率は0.9%。試行目安は255回。総資源コストは535万5000です。

防御力はAm KSGと並んでトップタイの24。また陣形バフの範囲が非常に広く、テンキー9番に配置することで1、4、7番すべてのマシンガンを強化することが可能です。サブタンクとして極めて優秀なショットガンです。

現在のドールズフロントラインの仕様上、部隊作戦能力は防御の値が大きく影響します。ショットガン部隊の作戦能力を限界まで引き上げてみたい方は彼女の実践投入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

真核の仮面は基本的には好きな人形に使ってしまって構いませんが、後からこつこつと製造することで入手出来てしまう人形が多々いるのも事実です。貴重な真核の仮面を消費して入手したのに、後日デイリー製造で出てくるということもあります。後悔しない交換先を選んでくださいね。

注釈[+]

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *