連鎖分裂に登場する正規軍対策

ここではミニイベント碧海秘話で登場する新型の敵部隊を紹介します。

2021年3月から始まった大型イベント連鎖分裂により正規軍に対抗する部隊編成や戦闘理論を学ぶ必要が出てきました。そのため記事の内容を大幅に更新し、実際の攻略に役立つ情報へと変更します。

連鎖分裂-SHATTERED CONNEXION-にて登場する様々な敵のうち、正規軍に関する攻略についてまとめます。

連鎖分裂に登場する正規軍対策

オルトロス

オルトロス。英語名をBeast(ビースト)。通称”犬”

オルトロスの特徴は?

戦闘開始後まっすぐにこちらに向かってきた後、自身のHPの8/1000のダメージシールドを展開します。シールドはこちらの火力に依存せず一回の被弾につき1ダメージに固定されます。

単体で出てくる分には問題ないですが、回避&シールドのせいで倒すまでに時間がかかります。時に夜戦で登場した場合、命中のないマシンガンなどではシールドを削り切れず延々と戦闘をすることになります。

そのためキュプロスやケンタウロスのような攻撃が得意な敵部隊を一緒に出撃してくると「オルトロスにてこずっている間に他の敵に好き放題にされる」おそれがあります。速やかに倒したい相手です。

オルトロスの対策は?

シールドを破壊します。オルトロスはシールドが破壊されると最大HPの半分を失います。速やかにシールドを破壊することが出来れば処理自体はそれほど難しくありません。

シールドの破壊方法は2つ。

  • シールド分だけ攻撃をHITさせる
  • シールドを無力化する攻撃をあてる

前者は攻撃速度が速い人形の攻撃が適しています。昼戦であればマシンガンでもあたりますが、夜戦などでは手数の多いor射速の高いアサルトライフルに夜戦装備を載せるのが安全です(G11やK2、ST-AR15など)

後者は一部のシールドを無力化できるスキルを持った人形が適しています。たとえば連鎖分裂最終ステージクリア報酬のハンドガン「デザートイーグル」などです。彼女を起用する場合、シールドごとぶち抜いてくれます。

ケンタウロス

ケンタウロス。英語名をArcher(アーチャー)。通称”弓”

ケンタウロスの特徴は?

鉄血の兵士「ジャガー」と同様、後方から強力な間接攻撃をしてきます。一発の火力が高いだけでなく焼夷手榴弾と同様、着弾点に継続ダメージを発生させてきます。同じ場所にいると一気にLinkを削ってくる厄介な相手です。

移動が遅く体力もないためいったん攻撃を受け始めると脆いです。そのため単体で出てくる場合は火矢の着弾点を予測して適切な回避行動をとれば、被害を抑えたまま戦うことが出来ます。

ただ先述の戦闘を長期化させる敵兵士「オルトロス」と組んだ時は厄介です。オルトロスに間合いを詰められ戦局が見えづらくなっているところにケンタウロスが次々と火矢を打ち込んでくると躱すのも大変になるでしょう。

ケンタウロスの対策は?

高火力による速攻です。移動速度や攻撃速度が遅いためケンタウロス自体は「もたもた」しています。攻撃さえ躱してしまえば次弾装填まで時間があります。命中の高いアサルトライフルなどでさくっと倒しましょう。

攻撃の躱し方のポイントは2つ。

  • ①部隊を大きく散開させる
  • ②火矢の延焼箇所に注意する

たとえば部隊が147後衛+58前衛の場合は58の前衛を早めに39に展開することで258および6を安全地帯にすることができます。この際、28と56では後の安全度が異なります(理由は後述)。

気を付けたいのはケンタウロスがオルトロスとセットで出てきた場合です。

移動速度の速いオルトロスと足が遅いケンタウロスは距離が空くことが多いため、オルトロスを倒した際に部隊全体が前に進むことがあります。その際39に火矢が残っている状態で28に人形がいるとDOTダメージを受けます。

それでは躱した意味がないので部隊全体が移動する恐れがある場合は人形が火矢の継続ダメージに飛び込まないよう56番に移動させるorそもそも前に進まないようにコントロールするなどで臨機応変に対処しましょう。

どうしても躱せない場合は?

HS2000による全部隊ダメージシールド展開で多少なりともごまかすことは可能です。ただ基本的には躱して対策をとれるようになっておきましょう。

ミノタウロス

ミノタウロス。英語名をTesla Trooper(テスラトルーパー)。通称”ミノ”

ミノタウロスの特徴は?

高い装甲に守られた大きな機体で部隊に肉薄し、近距離から強力な攻撃をしかけてきます。ただ問題はそこではなく防御姿勢に入って被ダメージを抑えるシールドを展開してくることです。

手を前に向けて防御姿勢に入るとほとんどの攻撃を受け付けなくなります。何も考えずに攻撃をしていると、こちらの人形のスキルを使い切ったあたりで防御を解いて高火力攻撃を仕掛けてくるという流れになってしまいます。

またミサイルによる多段攻撃も備えており戦闘が長引けば長引くほど前衛のHPがゴリゴリと削られていきます。こちらの対処も必要です。

ミノタウロスの対策は?

超高火力による攻撃シールド展開です。

攻撃を打ち込むタイミングは”防御姿勢を解いたタイミング”(たとえば電撃などの攻撃モーションに入った瞬間など)がおすすめ。ミノは装甲があるため徹甲弾などで破甲値を高めたRFが有効です。

またミサイルによる攻撃は例によってこちらのLink数に応じた攻撃になっているためダメージシールドに吸わせることで人形への被害を最小限に抑えることが出来ます。

ミノタウロス編成例

具体的な編成としては以下のような例がおすすめです。

狙撃用のカルカノを7番に配置。削りようのM200を4番に配置。25にP22とGr Mk23を置いて6番にS.A.T.8を置きます。

シールドのタイミングなどに自信がある場合はカルカノとM200を入れ替えてM200にカルカノのバフを飛ばしてもOK。

戦闘時の動き方

例としてここではEXの斬牙作戦Ⅱに出てくるミノタウロス戦で考えてみます。

挑発ON。

戦闘が開始されたら5番のMkⅡを8番に移し6番のS.A.T.8を3番に移動させます。その後、MkⅡとM200は絶えずスキルを打ち続けて、後ろに控えた敵を倒していきます。

相手が防御態勢に入った場合は様子を見ます。陣形に凹凸があることで接敵のタイミングがずれているはずなので敵は交互に防御を解除してくるはずです。攻撃モードに切り替わった敵がいたらカルカノ妹で狙撃して倒します。

なおM200は後方の敵を中心に攻撃を継続します。

あとは敵の残りHPを見ながら適宜攻撃していきます。敵の攻撃モーションなどに注意しつつシールドを上手にかけていきましょう。

細かい動きが要求されますが、慣れれば被害0で抑え込めます。

キュプロス(AR)

キュプロス。英語名をCyclops(サイクロプス)。

キュプロス(AR)の特徴は?

数を頼みに前線を押し上げ、一定時間後に高火力の榴弾を放ってきます。よく似た兵士としてキュプロス(SG)がいますが、AR型は装甲がない代わりに榴弾が強いです。注意しましょう。

回避がそこそこあるため特に夜戦で登場する場合はしっかりと回避してきます。例によって戦闘を長期化させるオルトロスとセットで登場することが多く、もたもたしていると榴弾を打ち込まれてしまいます。

キュプロス(AR)の対策は?

高火力範囲攻撃です。

キュプロス(AR)の問題点は何といっても”数が多い”こと。処理に時間がかかると榴弾を打ち込んでくるため、敵が榴弾を打ち込んでくる前にこちらから榴弾を打ち込んで一掃するという戦術が有効です。

おすすめの榴弾範囲攻撃は416やM4SOPMODⅡなどの高火力な榴弾(殺傷榴弾)です。特にこの二人はMOD化によって追加範囲攻撃も行えるため、キュプロスのような数の多い敵に有効です。

アルゴノーツシリーズ

アルゴノーツ。通称”列車砲”です。今回のイベントの肝で、これが倒せないとイベント完走が出来ないため、頑張って倒しましょう。

アルゴノーツシリーズの特徴は?

離れたところにも支援攻撃が出来るだけでなく、自身も戦闘行為を行うことが可能な強力な敵部隊です。対策に関しては3種ともども異なるため、分けて説明していきます。上から順にカライナ・ヴィーラ・パピスです。

この敵は基本的には1部隊で三連戦が求められます。そのため攻略の編成はかなり限定的になります。同様の編成が用意できない場合は攻略の難易度が著しくあがることを覚悟しておきましょう。

アルゴノーツ・カライナの特徴と対策は?

アルゴノーツ・カライナは接近する敵を中心とした範囲攻撃を得意とします。そのためカライナを攻略する際は、できるだけ攻撃部隊を後ろに下げる必要が出てきます。被害担当は前に出ます。

攻撃部隊を147に配備。挑発妖精を出したら147以外を撤退させましょう。挑発妖精がどうしても用意できない場合は、147以外の人形で死ぬ気で耐えてください。そこが抜かれるとほぼ負けます。

特にEX(ハードモード)で挑む場合、ワンマガジンでは倒しきれないことが予想されます。瞬発力のある人形化、継戦能力がありスキルも優秀な人形を用意しましょう。

アルゴノーツ・ヴィーラの特徴と対策は?

アルゴノーツ・ヴィーラは369以外のすべてに対して、強力な貫通攻撃を打ち込んできます。それ以外の攻撃は大したことはないので防御に特化した人形が的になってくれればなんとかなるでしょう。

まず戦闘開始前に39をあけておいて6に被弾役を置きます。これによりヴィーラの攻撃を6に集中させます。戦闘が始まったら火力を39へ移動。こうすることで被弾役にかまけている間に攻撃することが出来ます。

育成が十分な場合は攻撃役は一人でも足ります。

アルゴノーツ・パピスの特徴と対策は?

アルゴノーツ・パピスは他の列車砲に比べるとそれほど脅威ではありません。カライナ同様、挑発妖精などで攻撃を集中させれば問題なく倒せるはずです。ただあらゆる方向へ範囲攻撃が飛んでくるためそこだけ注意です。

戦闘がはじまったら挑発妖精にターゲットを集めて火力を39に移動させます。挑発の後ろである6は危険地帯なのでやめておきましょう。榴弾は二種類ありますが、多少の被弾は覚悟のうえで戦います。

三連戦時に上手に火力を温存していると、この時点で火力はどちらも5Link残っているはずです。一気に押し切りましょう。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *