【三國志覇道】駐屯迎撃が得意な武将について考える

 LR夏侯淵の実装で駐屯が強くなったな、と思う今日この頃。しかし同時に、最近はホントに駐屯で守る難しくなってきたな、とも感じております。

 と言うのも最速状態の張飛って、まあほぼ何をどう頑張っても先に戦法打てるので、連鎖運が悪かったらそこで終わるとか、完凸袁紹が名宝2種装備して4部隊に3回バリア張るとか、この前の夏イベントでの課金名宝完凸させて無敵バリア張るとか、そういう現実問題として足掻いても部隊撃破できないみたいなのがあるからです。あと原理が分からなかった謎の鉄壁部隊にも出会った事があるので、私の思い付いてない無敵編成みたいなのもあるんじゃないかと思ってます。

 あとそもそもの話として、普通にステータスの高いLR武将って固いです。

 そうなるとこちらの攻撃を普通に耐えられてから敵の戦法が飛んでくるわけで、まあ兵科倍率による耐性がない君主都市では耐久が持ちません。

 実はこの前、少し格上のフレと編成試しで遊んでたんです。LR周瑜以外を捌ききったので「勝ったな…」とか思ってたら、周瑜の3連鎖で都市耐久が16万吹き飛びました。

 相手さんは周瑜しか残ってなかったですし、こちらの部隊はまだまだ残っていたのですけど、まあ実際にやりあえばこう言うことが普通に起こる環境になった、のかなと感じました。

 ちなみに武将値は私が67700ぐらい、相手さんで70500ぐらいです。

 デバフ重ねたつもりになってても賈詡の帽子被られたら4種類までデバフ消されたりしますし、徐庶なんかが連鎖したら正転でバフに変えられたりしますからね。

 今回お話しした周瑜の一件が分かりやすいのですけど、戦法発動までのバフのかかり具合では、3連鎖したら都市耐久分ぐらいなら平気で吹き飛ばせる火力出せる環境になってるってことてす。

 てわけで本題です。

 そういう環境で味方を守るため、どういった駐屯が良いのかを考えていきます。

1. 攻撃を受ける事に意味がある武将

 UR荀彧、UR典韋、UR呂蒙

 この辺が攻撃を受ける事により、何かしらの反撃的動きが可能なカウンター型の武将です。呂蒙は補佐からでも発動するので、必ずどこかに入れましょう。

 当然ですが対策もあり、同士討ちであればUR張角やUR諸葛亮、参軍SSR諸葛亮などを編入することで回避できたりします。また戦法でワンパンするタイプなら、巻き込んで同士討ち食らってもあんまり問題になりません。この場合、苦手とするのは典韋などの大きく攻撃を返されるタイプ。

 個人的にはですけど名宝持ち星4であれば、UR荀彧とUR典韋は編入しておくべきだと個人的には思ってます。

 典韋の逆襲はバフを消すことで反撃回避可能ですが、荀彧の物理耐性や徐庶名宝の知力耐性は逆襲と同じく開幕発動です。20秒武将に魏延鎧などを着せたバフ消しであれば、運頼りになりますけど回避可能です。どうせ消されるのだからとケアを怠ることが、結果的に典韋が居ないのだからとバフを消さなくても良い状況を作り出します。こちらの編成で相手の装備を固定するのも立派な戦術です。鯖の戦闘環境ってのは、1人1人が作ってるってことだと思ってますので、まずは自分からの精神が大事だと思います。

2. 敵の戦法威力を抑える武将

 UR于禁、UR甄氏、UR魏延、SSR卞氏

 この辺が戦法デバフを付与できる主将運用可能な武将になります。于禁は張遼(使うなら突貫3必須)と組ませることで範囲攻撃での恐怖をばら蒔けます(ただ張遼は、後述する李信にも使えるため迷いどころ)    また歩兵のため、兵科的に歩兵であり、敵の騎兵に有利を取れてるので体感かなり固いです。甄氏は戦法デバフも強力なのですが、疑心と強化無効がめちゃくちゃ強力。

 于禁と甄氏は好みが分かれる所な気がしますが、個人的には甄氏を使ってます。ただ駐屯時のゲージ増加や兵科的な兼ね合いもあり、基本的には于禁が使い易い気がします。ちなみに戦法ゲージ10%と15%上昇って天と地の差があります。

 魏延は反撃要員とデバッファーを兼ねられます。非常に強力な武将なのですが、反撃要員を兼ねているがゆえに、どこかと求活の取り合いが起こるので主将運用を考えると迷いどころです。

 卞氏は、唯一と言って良い実用性のある15秒戦法武将。連鎖次第だがめっちゃ強力。連鎖しなくても、強化抑制はかなりの強さがある。何だかんだで最速型張飛以外であれば先手を取れる。そして連鎖無効を付与できる呂尚との相性も悪くない。

3. 強力ではあるが使い所が難い武将

 UR小喬

 素の状態で2枚の強化無効を張れるため圧倒的に強い。ただ25秒戦法がネックでしかなく、どこにどのような役割で組み込むかはかなり個人差が出る。先打ちしてなんぼの戦法なので、個人的には20秒武将の副将を推奨。一応敏活5にして駐屯ゲージ増加系と合わせると使えるが、その使い方はお勧めしない。

 

 UR馬超、LR周瑜

 どちらもアタッカーになれる。また畏怖を持っている。馬超の畏怖は20秒発動のため、敏活や駐屯時ゲージ増加で先発組として発動が可能。周瑜は侍従にUR荀彧を配置すると守策を発動可能で、そうなると実質UR荀彧になれる。しかしLR周瑜を駐屯に使うのは勇気が必要。

 

 LR張飛

 最速で戦法が出せるため基本的に攻めでも守りでも最強の武将筆頭。運用するならアタッカーとして使いたい。

 

 LR李信

 アタッカーとして運用可能。こちらも侍従に張飛を積むことでほぼ最速になれる。他にも歩兵らしく色々とカスタマイズ可能であり、魏らしく副将にも恵まれているため個人的なオススメ度は高い。攻撃側として運用するなら何かしらの方法で攻撃範囲を広げる必要が出てくるため、課金必須だと思ってますが、駐屯であれば無課金でもガンガン使っていけるのがポイント高いです。無課金なら守りで使いたいが、LRはそもそも入手難易度が高いためここに入れました。

番外

 UR周泰

 賛否が分かれる部分ではあると思うのですが、個人的には味方の都市を守るのであればこいつは主将で編入しておくべきだと考えています。

 と言うのも最初の方に語ったように、ほぼ勝ったな、て状況からでも逆転満塁ホームランがあるのが最近の環境だと思ってるからです。

 要はワンチャンの25秒戦法で味方の都市が飛ばされるぐらいであれば、駐屯部隊を壊滅させてでも40秒は飛ばされないように延命させろ、て趣旨です。

 なので駐屯による敵の撃破を目的とする味方絶対守るマンであれば居なくて良い気がする武将ですし、目の前の1人よりも軍団の勝利を…て感じに味方を守るより相手への妨害に重きを置くのであれば入れておいた方が良いと思ってます。

 化け物が15分で15人飛ばすのを8人ぐらいに抑えられるか、て話です。目の届く範囲では0人目標! て人は使う必要ありません。

 勿論挑発が入るの前提なので、名宝は無くても良いとしてもそこそこの知力は必須です。

 お好みで運用してみて下さい。

番外2

 LR夏侯淵

 敵の戦法ゲージを奪うことが可能。これは夏侯淵の戦法を早く打つ、て役割以上に相手の戦法の発動が遅れる、てのがデカイです。多分分かってる人は分かってるんですが、実はこれ、ゲージを奪う部隊次第にはなりますが、相対的に3部隊を1つ遅い時間軸に置き去りにできるって事でもあります。

 敵の編成によると言うか、戦法ゲージ吸収が当たる部隊に左右されるんですけど、これが非常に強力であり編入可能なら使用したい。

 

 

最後まで読んでくれてありがとう!

 

サイト管理者はAynumosirです

個別の連絡はこちらまで

この記事を書いた人 basuma

はじめまして!刺史サーバー6にてプレイ中のバスマ!と申します。編成や戦術を考えるのが好きで、プレイ中に気になったことや普段考えていることなんかを記事にできたらと思います。良かったら感想下さいね!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *