【三国志覇道】LR趙雲実装

 天賦1400の2体目、LR趙雲が実装しました。が! この極まった格下殺し性能を見て完全について行けない事を悟りました。

 それはそれとして、キチンと評価しましょうか。まあ三国志覇道やってる人間なら見たら誰もが思った筈なんですけど、弱いところが何もない完璧超人みたいな武将です。強いの定義も、こいつの存在でガラリと変わりましたね。今まで強かった武将の方々様、お疲れ様でした。

 

星0でこれぐらいヤバい

 まず戦法性能からですが、まず20秒ってのがヤバイ。

 戦法の内容は、自身1部隊の弱化効果を全て打ち消し、25%(主将の際は効果2倍)の龍鎧を付与。更に全ての兵科に有利になり、攻撃速度を150%上昇させる。その上で2部隊に500%の攻撃を行う。しかも主将の際は、500%が1.2倍になるため実質600%攻撃。

 龍鎧ってのは弱化を受けていない時に与ダメを増やしたり、被ダメを減らしたりするバフ。呂布の鬼迫とか孫堅の猛奮の名前違いと言うか、発動条件違いの同じ効果だと思って良い。つまり、弱い訳が無いシリーズのバフ。

 また何気なしに書かれているが、自身の弱化効果を全て打ち消してから戦法が動き始めるのが本当に最高にヤバすぎてハイ。周泰の挑発、LR龐統なども備える攻撃範囲縮小などの厄介なデバフも全て消してから攻撃ができる。

 ついでのようだが技能の神槍は戦法と通常攻撃ダメを10%アップし、更に好相性の部少数×50%自身の会心発生率を引き上げる。この技能が戦法の攻撃速度上昇や、後述する龍胆と組み合わさり、凄まじい爆発力を生み出す。 

 正直戦法だけでも超危険なのだが、龍胆との組み合わせが危険度を2乗ぐらいの勢いで跳ね上げる。

 元々龍胆は3になるとほぼ全てのデバフを弾く性能に加えて攻撃バフと戦法威力バフを加算する超性能だったわけだが、龍胆が4になると本当に全ての弱化効果を弾く性能となってしまった。同士討ちや疑心などは効くものの、それらを防ぐ手段は存在する事を考えれば実質的に状態異常は効かないと言っても言い過ぎではない。更に龍胆4には、自身より低攻撃力の部隊から強化解除と強化無効を受けないって言う、正気を失っているとしか思えない壊れ耐性効果まで獲得している。20秒戦法であることと、龍胆で得られる攻撃バフ150%がある事を加味すると、ぶっちゃけ呂布のバフ全消しすら互いのステータスや連鎖状況次第では無効化してしまう。当然だが知力系の武将からは強化解除と強化無効を受け付けない訳なので、甄氏や小喬などでは止める事は出来ない。厄介さに拍車をかけるのは、これってデバフを入れる想定の知力型LR夏侯淵などのデバフも弾くようになるって事。とにかく対抗策が少ない。

 ならば呂不韋の強化反転なら止められるのかと言われるそれも出来ない。強化反転そのものは入るのだが、デバフは趙雲自身が自前の戦法によって一番最初に消してから各種のバフを積んでいくためこれも無意味。少なくとも現状は何やっても止められない。星0でこれですよ? どう考えてもやり過ぎです。

 

星4になると更にヤバい

 以下は星0に加えて、て意味です。

 星4になって神槍が2になると、通常攻撃や戦法で与えるダメージが+15%になり、通常攻撃の対象を+2する。更に会心発生率は好相性×15%となるので、実質通常攻撃は会心確定になる。それによって4方向へ戦法の大火力を叩き込んで残った本丸に攻撃をぶち込むだけではなく、戦法で薙ぎ払いつつ通常攻撃の追撃で薙ぎ払いを行えるようになる。当然だが自身の名宝である趙雲鎧との相性は最高によく、回り出したら止まらなくなる。

 戦法型のくせに通常攻撃範囲すら異常な広さになり、この技能が2になるだけで馬超を侍従に据えたぐらいの性能上昇になる。

 

星7になると最強になる

 そして完凸した際に、攻撃と防御を+15%し、会心攻撃でダメージを与えた際に35%の確立で戦法ゲージを-3%する。神槍2と合わせて考えると、まあこのヤバさが分かる。

 更に自身へ付与される龍鎧のバフ時間が+10秒されるので、ずっと無敵に。

 更に更に、主将で戦法発動時、自身に付与されている攻撃上昇、戦法威力上昇の効果量を1.5倍にした状態で攻撃する。実質UR黄忠を侍従に据えたぐらいの性能上昇。龍胆3以上で発生する攻撃バフと戦法威力バフの事を考えると、もう説明なんか不要ですよね。はいはい、強い強い。

 

どうやって対抗すればいいのか?

 正直に言えば無敵すぎるので、対抗手段はほぼないです。萎えすぎて思いつかないだけかもしれませんけど、他の人に頑張って見つけて欲しいです。そんで筆者にも教えてください。

 とりあえず札束を用意するのが一番確実なんじゃないですかね。

 

 1. LR許褚による正面から耐える戦法。

 他にも対策は語りますけど、ぶっちゃけこれが一番マシと言うか、ハードル低いです。許褚の星少なくてもやれますから。

 LR許褚であれば交戦開始時に自身に付与する物理耐性と物理戦法遮断によって、趙雲の一撃を耐えられる可能性があります。また侍従に典韋を据える事で、上記のクソ火力叩き込まれた分をカウンターで返せます。

 

 2. 完凸LR夏侯淵や完凸UR曹操などの、相手の攻撃を無効にする系のバフで耐える。

 曹操であれば絶縁によって最大2回まで、自身への戦法攻撃をなかったことにできます。夏侯淵であれば、交戦開始時に付与される瞬影で攻撃を受けつつ攻撃を無効にできます。これらを許褚と組み合わせる事で、3部隊分趙雲の攻撃を受け切れるように組み上げる事は可能です。戦法弱化は解除されてしまうので、曹操のデバフは趙雲に対しては無意味です。他へのデバフや、受けるためのバフとして見れば意味もありますけど。

 

 3. 董卓帽子をかぶったLR貂蝉で、趙雲に先制して幻惑をぶち込む

 趙雲が弾く事の出来ない数少ないデバフの中に幻惑があります。これは通常攻撃を止め、戦法を発動できなくして、戦法ゲージの増加も止めるってものです。これが趙雲に入れば動きを止められるので、動きを止めてる間に何とかすれば何とかなるかもしれません。何とかなれば良いんですけども。

 

 4. 荀彧で触られて同士討ちを入れる

 趙雲が弾く事の出来ない数少ないデバフの中に同士討ちがあります。趙雲は通常攻撃の範囲が広いため、意図せず荀彧を触ってしまい、同士討ちを付与されてしまうってのは、まあ普通にあります。これもLR許褚の運用と並んで割とハードル低い気もするんですけど、まあこれはこれで問題も。許褚と違って部隊の耐久力が持つのか凄く疑問なので、あんまり期待せずに。

サイト管理者はAynumosirです

個別の連絡はこちらまで

この記事を書いた人 basuma

はじめまして!刺史サーバー8にてプレイ中のバスマ!と申します。編成や戦術を考えるのが好きで、プレイ中に気になったことや普段考えていることなんかを記事にできたらと思います。良かったら感想下さいね!

You Might Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *