【三国志覇道】編成理論を見直す時が来たのかもしれない。ついでに関羽名宝紹介【名宝】

 ちょっと編成弄って遊んでたんですけど、この前の攻城戦で無力さを悟りました。

 対戦相手自体は結構な格上相手だったのですけど、まさかここまで差があるとは思わなかった、てのが実際の所。都市が10秒で飛ぶのはまあ仕方ないとは言え、ここまで戦闘力に開きがあるのか、て感じです。

 あと関羽名宝を紹介します。こっちは確実に人権名宝なので、買える人は買った方が良いです。筆者は今回の一件もあり、こいつを最後の課金にしたいな、と思います。…と言いつつ、関索名宝も欲しいから、そっちも課金しちゃうかもですけど。

 

編成理論の再考を考えさせられるログ

 

 これ、余りものの〇徳系を詰め込んでたら廃人みたいなステータスになって面白かったんですよね。筆者って基本的に攻撃ステータスが2800~3300ぐらいの事が多いので、おおー、廃人みたいなステータスになったやんw て感じでした。とは言えこれじゃ戦法発動は間に合わないだろうな、とて感じでした。しかしそうは思いつつも、キルヒアイスの不退もあるしワンチャンにかけて使用してみるか、となりました。浪漫は大事。どうせ敏活とか出撃時の戦法ゲージ増加とかもなかったですしね。

 そして結果は…

 あ、

 ああ…

 あんまりだぁー (´;ω;`)

 て感じでした。

 何ですかね、これはw バケモンみたいな格上の相手と戦った覚えはないのですが。武将値75000の壁は思っている以上に高いらしい。まあ、ここぐらいの武将値からLR星4以上ってのが複数居る筈なので、差は広くなってるのは知ってたが、思ってた以上に開いてる。ヤベー。

 しかしいつの間にかこの中国大陸では、知力4000が100%バフ入れて、有利化して、400%の戦法を飛ばしてもこの程度のダメージしか出せない環境になってたらしい。もうここまで行くと、魔窟と言うか、ゲームとして成り立ってないやん、と思わなくもない。これは焼き尽くされて人口減の気配をビンビンに感じる。

 とりあえずログ的には変な事はされていない。まあ相手側に純防御系のバフがあったらログは追えないのですけど、このダメージ感覚だと防御系のバフ複数は無いと思われ。要するにやっぱバフ全消しが必要になってくるって事です。やはりLR呂布が必要だと改めて実感。無理してでも組み込まないと敵倒せない。何とかならんのか!

 戦法出す前の通常ダメージは、まあ確かに格上だけどこれぐらいは出るよね、てぐらいのダメージは出てる。

 ちなみに倍率で言えば、

 2(知力)×1.25(有利化)×4(戦法威力)= 10倍

 380×10 = 3800

 これぐらいがダメージとしては適正だと思うのにー! と、一見するだけなら思う。

 しかし筆者もこのログを追って気付いたんですけど、当たり前ですけど龍鎧って戦法ダメージを与えてからデバフを入れるって流れだと解除のタイミングが遅いんですよね。龍鎧でダメージを半分にした後、デバフが入って龍鎧を解除してる、て事なんでしょう。

 つまりLR張郃はデバフを入れてから戦法攻撃を行うので、ちゃんと趙雲の龍鎧解除してからダメージ与えてくれるって事です。優秀ポイント一つ増えたぞ! まあLRって新しい武将だからか、この辺は張郃に限らずちゃんとしてるんですけどね。意図していない物でしたけど、UR武将の名宝2種とLRは別物ってのを思い知らされた感じがします。もちろん名宝2種を引っ提げたURよりLR武将の方が優秀って意味です。

 とにかく、趙雲は3800ダメが半減して1900ダメぐらいになる筈なので、納得できる数字。張飛に関しては闘気を備えてるので、やっぱりこれも納得。賈詡には素でダメージ700なので、これが廃人の知力部隊に知力部隊で攻撃するって事です。知ってた。こりゃ勝てんね。

 

 まあこんな感じだったので、ちょっと編成理論を大きく変更する必要がある気がしました。

 何と言うか、多分もうステータス高くするとか低くするとか、そう言う次元ではないって事だと思います。積み重なった兵科レベルの差とか星が伸びたりUR化された名宝とか、LR武将の技能とかそんな奴で。

 つまり今後勝とうとすると、同士討ちなどのデバフを入れて戦法の発動を止めて、その上でデバフを入れてステータスを下げて、可能ならバフを入れてステータスを上げて、その上でフィニッシュを決める、て流れを何秒で完成させる必要があるのか、が大事になってくると思います。思いついたら記事にします。

 

関羽2種名宝

 そしてこっちも大事。

 このタイミングで関羽2種名宝が実装しました。一応正確に言えば3種名宝なんですけど、青龍偃月刀はぶっちゃけあんまり関係ないので今回は除外。

 強い! ちなみにこれが侍従での能力。

 そして以下が侍従で使用しない場合の能力。

  まあ要するに出撃時の戦法ゲージ増加効果を備え、強力な巻き込み耐性を持っている。まさに神のような技能。

 主将の場合、ここに龍胆3以上の場合と同様の攻撃バフ150%バフと戦法威力30%バフも発生する。強すぎでは。

 ちなみに関羽の場合、2.5×1.3×6=19.5倍。

 つまり美髭公3になるだけで、何の連鎖が無くても廉頗が撃心出したのと同等のダメージを叩き出す。勿論廉頗は技能的に若干上回るし、星が伸びればもっと強いが。

 使い勝手に色々と意見はあると思うが、関羽が交流落ちしている現状を考えればUR関羽>LR廉頗(星0)てのは疑わなくて良いと思われる。こうなってくると廉頗を関羽の副将にするってのも選択肢に入ってくると思う。廉頗、筆者的にかなり期待の新星だったのに。既に陰りが見えていそうな雰囲気を感じて怖い。

 

 そんな感じでUR関羽を再度主将運用の選択肢へ押し上げる名宝。

 また出撃時の戦法ゲージ増加を備えているのもあるが、非常に強力な巻き込み耐性も持っている。なのでトータルで見れば、仮に関羽に興味が無くてもどのような状況でも使用できるって非常に強力な名宝。確実に人権装備ですし、人権じゃなくなってもずっと使える系の名宝なので買った方が良いです。

 

 最後まで読んでくれてありがとう!

 

サイト管理者はAynumosirです

個別の連絡はこちらまで

この記事を書いた人 basuma

はじめまして!刺史サーバー6にてプレイ中のバスマ!と申します。編成や戦術を考えるのが好きで、プレイ中に気になったことや普段考えていることなんかを記事にできたらと思います。良かったら感想下さいね!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *