【三国志覇道】現環境で君主作成から前線クラスになるまで育成する方法【2024.5.18】

 多分課金してる人と言うか、効率よく育成している人はやってると思います。

 ただ育成って結局は個人のノウハウだと思ってるので、どうしても自論になるというか、万人にとっての正解ってのはないんじゃないか、とも思います。

 ただそう思うなりに、効率の良い育成、てのはあるとは思ってます。当然自論になりますけど。

 

 とにかくですが、育成ってのは全て地続きだと思ってます。だからこそ3年前には3年前の、2年前には2年前の、1年前には1年前の育成方法があります。

 そしてそれを含めた上で、現環境には現環境の育成方法があると思ってます。

 育成が頭打ちした、周りの人間と圧倒的な差を感じるて人は、そこらの育成が今の環境に合っていない可能性が高いと思ってます。なのでそこら辺の育成のやり方ってのを色々調整したらだいぶ強くなると思います。

 ただ三國志って大前提としてキャラゲーなので、無理にああしろこうしろとは言いません。筆者的にはこうした方が強くなれるよ、て話です。サブを0から無課金で育てて貯めたノウハウなので、無課金にとっても無理な事は言ってない筈です。

 220日ぐらいですが、そこそこの強さになりました。具体的にはLR張飛は星3にはできました。名宝も幾つか揃えました。メインアタッカー部隊の攻撃ステータスが2000には乗ってない、てぐらいの感じです。このままURの交流が進めば、来シーズンには張飛星4狙えると思いますし、攻撃ステータス2500ぐらいの部隊は幾つか作れると思います。まあそれが長いんですけど。

 

育成が頭打ちした、と感じている人がやるべき事

 ぶっちゃけ今の三国志覇道で育成がある程度終わった、と感じる人は最低でも武将値68000にはなってます。そこそこに真面目にやってりゃ無課金でもそれぐらい行きます。日数は900日を目安。

 筆者的プレイ日数(900日前後)の目線で言えば、無課金の武将値的上澄みは68000~70000。

 一枚落ちた上で、前線での戦闘に耐えられる人で武将値68000~64000。

 武将値64000~60000でC都市で活躍可能って感じです。60000切ってたらまずは育成頑張りましょう、としか言えないです。編成がくっそ最強でも、フィジカル貧弱では周りの人には勝てません。

 そんな訳で前置きが長くなったのですが、まずは完凸済みで、50レベルを超えている武将を全部返上してください。んで交流ポイントやグレード水晶、銅銭や経験値書に余裕を持たせた状態で、以下を読んでください。自分がどこから始めて、何処を目指したいのか決めましょう。

 あと自都市駐屯はもう居ても居なくても誤差になってるので、今から育成する人は意識して育てる必要はありません。10秒の戦法に先制できる部隊だけが意味を成す環境。魔窟かな? 編成の幅狭くなりすぎて完全にクソゲー。

 とにかく城壁への被ダメ軽減用の壁として南蛮詰み込むか、兵士の節約で出さないってのもありだと思います。

 

どの武将を侍従で運用するか決める。育成しすぎないように注意する

 育成する武将を決めましょう。そして侍従や補佐で使えるUR武将の交流を進めましょう。ここで注意する部分があります。それは、侍従で使用する前提の武将は育成をやり過ぎてはいけないって事です。

 まず個人的に無課金で必須なのはUR典韋なので、こいつの交流を進める事を例に説明します。

 こいつの育成のラインとしては、星4で、武力と統率が500になるまで星を上げる事。完凸目指す必要はないですし、グレードも10以上は振りたくないです。どう多くみても20以上振るのはやめてください。ただ手持ちの問題から、UR典韋を主将運用する場合はガンガン育成して良いです。

 

 こんな感じです。

 つまり侍従運用する場合、武力or知力が500を超えるレベルで育成してはいけないて事です。育成しない方が良い、ではないです。育成してはいけないです。何故ならグレード水晶、交流ポイント、経験値書、その他諸々育成必要品が全く足りないからです。特に銭は他育成やってる人ほど足りてない傾向にあると思ってます。

 それらが足りていたら、レベルもグレードも五行も将星も全部マックスにしてください。全部足りたら育成終わった、て事です。終わってますか? 私は五行が終わってないです。

 

 侍従でおススメの武将は、ここでは敢えて上げません。別項目で紹介します。

 と言うのも、ここで上げると方向性がぶれる可能性があるからです。とりあえず以下の項目を順番に読んで決めてください。

 

副将や補佐で何を使用するのか決める

 次は副将や補佐を決めていきます。

 ここがさっぱり分からないって人は、とりあえず敏活持ちのURとSSRだけ交流進めてください。編成時に補佐になる武将です。

 URならば姜維、大喬、劉備、諸葛亮、龐統、蔡琰(交流未実装)

 SSRならば蔡琰、鍾会、諸葛格、張昭、貂蝉。

 LR武将をちょくちょく引けるので、LRは星が無くてもレベル50/グレード30の状態にしておけば、とりあえずの話ならこれで戦えます。

 LRには星の低さはほぼ関係ない。星0~星3、星4~星6、完凸。LRはUR以下の武将以上に、星がこのランク帯なら活躍できる性能はほぼ同じです。ほぼ、です。名宝とか装備、参軍などでほぼ同じ状態に持って行ける、が正確な言葉なので、無条件で互角の戦いができる、て話ではないのは念頭に置いてください。

 また一応ですが、射程を上げる事が出来る上に戦法が強力なUR公孫瓚、黄巾イベントで使用するSSR公孫瓚も交流しておきたいです。あくまでもできたら良いな、のレベル。

 

 そして、ここからは対物の横バフを積み必要があります。編成時に副将になる武将です。手持ちのLRで決めましょう。全てURです。太字は技能が優秀なのでとにかく育成しておいて損はない、て武将です。

 武力型のLR武将が多いなら馬騰、董卓、孫堅、夏侯惇、鄧艾。

 知力型のLR武将が多いなら黄月英、皇甫嵩、陸遜。

 ここらの育成を進めてください。

 

 そしてここらが毎日交流の無料分で問題なく進められるようであれば、ステ盛り用の武将として連帯、剛力、機略持ちの武将も育成進めましょう。連彗持ちは完凸の場合が多いので、とりあえず伸ばさなくて良いです。ちなみにここに手を付けたせいで上記の武将育成が止まるようなら、ここらのステ盛り武将は育成してはいけません。理由は育成のリソースが足りないからです。

 またこれら以外の武将は基本的に不要です。何故なら敵というか、部隊の強さが上がってるので部隊を倒しきれない可能性が高いからです。それに敵部隊ってのは、ステータスがある程度互角なら戦法先打ち出来れば自然と倒せるようになってます。意識して部隊を倒す編成を組む必要があるて時点で、実はそれなりの格上を相手にしているって自覚を持ってください

 

無課金向けオススメ侍従

 以下で説明するのは主将の侍従の話です。

 歩兵はUR魏延、UR張飛、UR鄧艾、UR典韋

 典韋は個人的に必須です。格下が格上に勝ちに行くなら絶対育てておいた方が良い。固定ダメージは基本的に弱い側から見た強い相手に対して効果を発揮します。張飛は飛ばしでは強いのですが、攻城戦での侍従には向きません。出撃時戦法ゲージ増加系以外の効果を備える技能を持つ、魏延や鄧艾の方が攻城戦での侍従適正は明らかに上です。

 そして現環境の話をするなら、ここで張飛積んで出陣時の戦法ゲージを多少増やしても戦況に大きな変化はないです。てか雑魚は飛ばしすんなの環境なので、あんまり意識しなくて良いです。飛ばせる人は10秒で飛ばします。飛ばせない人は40秒かかっても飛ばせません。もう飛ばしって行為自体がゲームとして成り立ってないぐらい差が開いてるので、どう遅く見ても25秒前後で君主都市飛ばせない人は飛ばしやらない方が良いです。

 

 弓兵はUR皇甫嵩、UR徐庶、UR張紘とUR張昭、SSR袁術

 徐庶は完凸で魏性を獲得するので、編成の幅が広がります。URの二張は好相性で揃えた際の開幕技能が非常に優秀。SSR袁術の激昂が攻城戦などで実は優秀。加えて袁術は現状では占術でしか入手不可ですが、今後は短期イベント箱から実装されるようになる筈なので、0から育成する人なら育成リソースの節約と言う意味でも選択肢に上げられると思う。皇甫嵩は上げたいが、皇甫嵩名宝が必須になるし、飛ばしやらないなら侍従の優先度はかなり控えめ。個人的には今の時点で皇甫嵩名宝持ってないなら、皇甫嵩は副将での出番の方が多いと思う。

 

 騎兵はUR関羽、UR呂布、UR馬騰、UR曹洪、UR張苞

 UR関羽、UR曹洪は技能で戦法範囲を+1する事が可能。関羽の場合は星0からその技能が生きてるし、曹洪の場合は星4から生きてくる。曹洪の場合、技能の練兵もあるので使ってない人が想像している以上に強い。馬騰も凸が終われば雄烈の技能が発動するし、連鎖時には連騎も生きてくる。別に馬騰が馬超でも良い。馬超は補佐の方がステータス上がるし、馬騰なら副将での運用も出来る。何にしても一長一短。とりあえず雄烈はLR趙雲と非常に相性が良い。呂布は常時有利化が強いし、飛将3になれば色々と強い。これについてはもう説明不要だと思う。張苞は報仇が強力であり、凸が終われば剛力2を獲得する晩成型。

 

 んで、この中から兵科毎に2武将の系6武将を侍従に据えるのがオススメ。全部は育成しない方が良い。

 歩兵だと、鄧艾と典韋が育成リソースが少なくて済む。星4で十分使える。凸が終われば魏延、典韋、鄧艾、を使っていきたい。張飛は優先度低め。

 弓兵だと、正直上にあげた敏活持ちSSRやURで代用する、てのも可能というか、そうするのが良いかもしれない。育成リソースの節約になる。この項目でおススメとして名前を上げた武将はまだ育成しにくかったり、手に入らなかったりする。

 騎兵は基本的に関羽か呂布で良い。曹洪の星が4以上なら関羽と曹洪をメインに運用していきたい。攻撃力を求めるのであれば馬超や馬騰、張苞が選択肢に入ってくる。この場合、馬超と馬騰は雄烈が欲しい。張苞は剛力まで欲しいって感じになる。なので馬超は星0から使える、張苞は星4から使える、馬騰は星7まで育てる必要がある、て感じで差別化される。こいつら全員星4の強くなり方も優秀だし完凸技能も強いしので、どれ育てても好みのレベルだと思う。

 

 繰り返しの注意になるが、あれもこれもと手を出さないように。同時育成を行うのは各兵科で2武将まで、が良い。星4で止めて別武将を育てるとか、そういう風に切り替えて欲しい。

 

 

LR武将は名将復刻で将星を揃える

 宝玉を軍令に変えないでください。軍令中が200以上貯まってたら、軍令にリソース裂きすぎてます。400以上貯まってたら自強をサボってます。

 宝玉は毎月実施されている極賢・名将復刻のチケットを可能な限り買うようにしてください。

 そしてLRの入手方法にも効率を求めます。常設の最新LRを極賢で狙うのではなく、入手時期が少し遅くなりますが、極賢名将復刻で武将を狙ってください。

 これにもキチンと理由があります。

 通常の極賢であれば、LRの入手確率が今月にあたる最新の武将2体が40%×2体で80%。そして残る20%で先月の型落ちに当たる武将を入手する事になってしまいます。

 この20%で先月の武将を引くてシステムが、おそらく皆さんが思っている以上に、狙ったLRの星を伸ばす事を邪魔しています。名将復刻であればこれがありません。この時点で有利ですし、名将復刻チケットは毎月40枚の制限があるとは言え無償宝玉でチケット数を増やす事が可能です。

 1か月でマックス40枚。1シーズンの3か月で120枚。2シーズンで240枚です。

 今は50回目でLRを外した場合、150回目はLRが確定になります。なので2シーズン分の200枚があれば、LRを3体ひく事が可能です。とりあえずもう1シーズン踏み込んで250枚になれば、LR3体分は確定します。期待値的には4体分引けます。

 そして星4ってのは、回数で言えば合計で6体分をひくって事です。

 通常の極賢で2体分ひく。極賢復刻で4体分ひく。名将復刻は引き直しも行えるので、一応はこれで星4を現実的なレベルで目指せます。名将復刻自体はちょくちょくやってますので、星4を目指したい武将を狙い撃って育成をする、てのを心がけてください。LRの星を上げるってのは、それだけでUR武将複数完凸させてる人のステータスを抜き去れる、てのを忘れないでください。

 LR張飛とか一年経ってもい未だに現役ですし、マジで強いLR武将を星4にするってケアをするだけで戦闘能力はだいぶ違います。LR夏侯惇、LR張飛、LR夏侯淵なんかの、ずっと使い道のありそうな武将を狙ってください。

 無課金でも! なんとでもなる筈だ!

 

修練は毎日可能な限り全力で取り組む

 修練書は宝玉使って毎日買ってください。

 そして可能であれば、中級の11~20を毎日回してください。多分、ここが一番足りなくなります。

 とりあえず五行は後回しで良いと思います。育成武将が終わったなどで、グレードが水晶の絶対数が揃ってきたら、五行に進みましょう。

 とりあえずイベントで五行の素材は最優先で手に入れてください。

 

 

占術札は名宝祭りで使う

 これを言ってしまうと、みたいな部分はあるのですが、占い札は名宝を獲得するために使ってください。それ以外に使うのは強くなる、て観点だけで見れば非効率です。

 と言うのもUR孟獲祝融は今でも強い武将ではあるのですが、特筆する程強い武将ではなくなってます。ヤンとラインハルトもそうです。インフレの波に呑まれるのは変わんないです。遅いか早いかの違い。

 武将は実装された瞬間は強そうに見えるのですが、次々に実装されていくLRの問題もありますから、何時環境に見放されてゴミにされるか分かりません。なので新しいぶっ壊れ武将が実装されても育成の地続きとして持ち越す事が可能な名宝の数を揃えるようにして下さい。

 

名宝以外の常設装備の強化をする

 易書とか黒光鎧とかの、名宝ではないSSR装備を育成してください。

 SSR装備は数を揃えず、少なくて良いので星を伸ばしてステータスの高い装備にしてください。

 SR+装備(鉄装備)は数を揃え、補佐にまで持たせるようにしてください。

 R+装備(銅装備)はコスパ最強の装備なので、装備育成が間に合ってない人はこれを補佐に装備してください。てかSR+揃えるより、とりあえずこっちの数揃えた方が手っ取り早く強くなれます。銅シリーズ(R+が最終形態の装備)以外のR+を装備したら雑魚になります。銅シリーズを装備してください。

 そしてこれらの常設装備を揃え鍛えていくため、鉱山に入ってください。探索値が高ければ異民族研究も進みます。

 

サイト管理者はAynumosirです

個別の連絡はこちらまで

この記事を書いた人 basuma

はじめまして!刺史サーバー6にてプレイ中のバスマ!と申します。編成や戦術を考えるのが好きで、プレイ中に気になったことや普段考えていることなんかを記事にできたらと思います。良かったら感想下さいね!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *