ドルプレNo020:核心戦区、制圧完了?

イランカラプテ!挨拶が安定しないAynumosirです。KAGOJUNさんのおやっとさぁのような定番の決り文句があると良いんですけどね。おやっとさぁって鹿児島の挨拶ですけど、KAGOJUNさんって鹿児島出身なのかな。

それはさておき局地戦です!(二回目)飛ばせる偵察機の数も増えてきて、いよいよ偵察の勝敗が笑い事では済まなくなってきましたね。さっそく見ていきましょう♪

 ■この記事の見出し■ (右のボタンで開きます)

核心戦区、制圧完了!

局地戦の最終STAGEであるステージ8の攻略が終了しました。いつもなら半日で攻略してしまう各ステージが2日かかったことを見ると、今回のステージを攻略できなかった指揮官が50~70%近くいるということになりますね。コワイ。

BOSSが接待系鉄血ジャッジだったので対エリート対策は楽にできましたが、なんといっても道中がね…。私はある程度の育成が終わっていたので問題無かったですが、秩序乱流で攻略に苦しんだ方は「追い打ちをかけられた」感があります。

ステージ難易度が変わらなかったことに関しては賛否両論。また挑戦できる!今度こそはクリアしてやるぞ!とモチベを上げた方もいれば、やっとの思いでクリアしている勢からは「まだこれが10日続くのか…」と途方に暮れる声が。

ただ上位陣は獲得スコアで凌ぎを削っており首位と100点差の間に30名以上の指揮官がひしめいています。たった100点を伸ばすためには尋常じゃない努力が必要な今回の局地戦。まだまだ白熱した戦いは続きそうです。

全体ランキングは1%内

今のところはまだ上位1%の中に入れている全体ランキング。7月21日現在の偵察勝敗差が最大で28460点であることを考えると、偵察の勝ち負けがランキングに直結するというのは「なるほど」と頷けますね。

最終ステージのクリアによるスコア差は私と上位の方では500程度なので、1日の有意差は1000程度。偵察の勝ち負けはもっと大きく響くことを考えると、ここから先はSTAGE8の数値に一喜一憂するのではなく偵察に賭けたほうが良さそう。

偵察勝敗表中間報告 Bが強い

局地戦第一期:中間報告(日本版)

やはりC人気は止まらない…!ということでCが大迷走していますね。各国のデータに比べて一番悪い水準で動いているC勢。そろそろ一回くらい勝てないと見ていて可愛そうになってきました💦

他国と比べてここまでCが負け続いているのは予想の範囲内だったとはいえ、さすがに厳しいですね。この偵察部門ではリスクを回避し安定を取る日本人の性格が裏目に出ているような気がします。

そうそう、今回から区域染め以外にも全勝と全敗の数値も併記するようにしました。「偵察全勝って無理じゃない?」と思われるかも知れませんが、少なくとも数日前までは全勝報告をされていた方もいたので。凄いですよね、

数字じゃピンと来ない方向けに、グラフ化したものはこちらです⸜( •⌄• )⸝

11日目順位:上から順に全勝・B染め・A染め・C染め・全敗

3つの区域のうち2位と5000ポイント差をつけ順調に1位を走っていたA染めは、19日と20日とB勝利で一気に巻き返され2位に転落。21日に勝ったことでまたBに追いつき始めていますが…ここからどうなるか見ものですね。

C染めは一見すると全敗と大差ない感じですが、それでも引き分け時に大量のポイントを獲得しているため全敗の人に比べると7000近くポイントを獲得しています。負けてもあんまり痛くないというのがCのメリットでしょう。

泣いても笑ってもあと9日。各々やれることをやって頑張っていきましょう。

それでは本日はこの辺で!また土曜日にお会いしましょう(   ¯꒳¯ )b✧

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *