秩序乱流ランキング戦お疲れさまでしたの回

先月末から始まった大型イベント秩序乱流-Continuum Turbulence-いかがでしたか?初期のイベントに比べると難易度も上がってきていますが、最後の最後で追い込み勢が参加するなど波乱のランキング戦でしたね。

当初予想されていた50%のボーダーライン。ENサーバーや韓国サーバーに比べてラインが低いのでは?と見ていたのですが、最終日直前に駆け込みでランキング戦に参加した方も多かったのか、平均点はぐぐっと上がりました。

50%ラインは大体27万

つい先日、20日に上げた記事では16万8000点で48%でした。しかしここに来て一気に点数が上がってきて最終的にはおよそ27万で49%に落ち着いています。

先行サーバーに比べるとMODなどで遅れを取っている日本勢。KAGOJUNさんの「歩くだけで11万確定動画」や「ちょっと敵を叩くだけで30万確定動画」が上がったのも影響したのかもしれませんね。

締切が近づくと集中力が上がる。これは国民性なのでしょう。

100位は115万以上の激戦区

100万超えたら御の字と言われるランキングマップで上位100名は壮絶な争いを繰り広げていました。100位の方の115万点も、初期の段階では表彰台に登ってもおかしくないほどの数値です。

そしてその激戦を見事制した方がいました。しゃりさんです。

日本1位は世界1位の129万点

文字通り神の領域。120万超えは「ある戦術を使えば一度も下回ることがなかった」と答えるしゃりさん。自身のGoogleシートで攻略当時に考えていたことや使用した戦術について述べています。

当時攻略に必要とされていた照明妖精について独自の観点から「不要」の判断をし、戦闘用の戦術妖精1体以外は全て空挺妖精で揃えたそうです。記事にもあるように、氏が3空挺優位を導き出すまでの理論の組み立てが凄いです。

たゆまぬ努力の結晶が一位を引き寄せる

しゃりさんの凄いところは考えることを諦めないだけでなく十分な準備も行っていることです。強化が難しい空挺妖精の星5を二体も用意していますし、実際に使用した2B14は星4、AGS-30は星3まで強化済みです。

使用したチップもかなり気合の入ったものになっていますし、当然のようにスキルレベルも最大まで強化しているのは流石です。実際に重装部隊や妖精を育成したことがある方なら、これがどれだけ途方のないことかは分かるかと思います。

抜きつ抜かれつ試行錯誤を繰り返しての世界1位。本当にお疲れさまでした。

ランキングは運ゲー?だけじゃない!

初期配置のランダム性や補給箱の出現位置など、様々な場面で運要素を試されるランキング戦。しかし上位の方々の動きを見ていると、それだけで勝負が決まっているわけではありません。そこに繋がる確かな戦術があります。

ともするとランキング戦は一部のコアユーザーのためのエンドコンテンツとして敬遠されがちですが、よくよくマップを研究していくと初心者や中級者でも戦えるように作られています。

運が絡み始めるのはそこから先に進んだ後の話。そこに至るまでは、やはり各指揮官の練度や情報・知識や事前準備です。

これからドールズフロントラインは異性体や連鎖分裂、偏極光などさまざまなイベント戦を行ないます。もし今回のイベントで少しでも面白いと感じたなら、上位コンテンツだからと諦めずに挑戦してみてはいかがでしょうか。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *